MENU

夏休みプログラミングキャンプの様子

夏休みのプログラミングキャンプは大盛況のうちに終わりました。
2日間のキャンプを合計11回行い、たくさんの方が参加してくれました。

コードオブジーニアスのキャンプ

参加者の約8割がプログラミング初心者でしたが、
「意外と簡単だった」とか、「プログラミングがどんなものか知れてよかった」と喜んで参加してくれていました。

プログラミングキャンプでは、プログラミング学習の前に必ずビジョン研修を行っています。
プログラミングのスキルを学習する以上に、何のために学ぶのか?を明確にすることで、学習のモチベーションにつながります。

コードオブジーニアスのキャンプ

参加者の感想としても、以下のようなものがあり、最高の自分を想像することで、それがモチベーションにもつながっている様子が伺えました。

将来の自分についてあまり考えることがないので、深く考えてみるいい機会でした。自分が周りにどう思われたいんだと逆に新たな発見が生まれました。
そして、最高な自分を想像するとテンションも上がり嬉しくなるのでモチベーションにもなりました。

コードオブジーニアスのキャンプ

また、プログラミング学習では、JavaScriptの基本文法を学習した後、ゲーム作成を行いました。
ブロック崩しゲーム、アクションゲーム、2Dアニメーションから1つを選び、それぞれゲームを作成しました。
ゲームを作り終わった人から、アレンジに挑戦していました。

参加者の声

桜蔭中学校2年生 女性

何を学ぶにも主体的で積極的な姿勢が大事だと思うので、学習の前にビジョン研修でそれを学べてよかったと思います。

広尾学園中学校2年生 男性

最初は難しくて自分にはできないんじゃないかと心配していたが先生たちの教え方が大変わかりやすく教材もやりやすく解説もわかりやすかったためスラスラできて非常に楽しかった。

カリタス女子中学校1年生 女性

ビジョン研修では、自分の将来の夢や目標について考え、将来にとてもつながる内容でとても良い学びになりました。また、初めてのプログラミングは思っていたより簡単で、やる気をもらえました!

慶應義塾高等学校2年生 男性

プログラミングを体験してみて、長い文字列に気後れしてしまう場面もありましたが、一つ一つの文字列に意味があるのがわかり、動作がうまくいくと達成感を感じられてプログラミングに好感が持てました。これからも敬遠せず、積極的にプログラミングに触れていきたいなと思いました。

アレンジした作品


キャンプの中で参加者がアレンジしてくれた作品です。
どれも工夫が凝らしてあり、素晴らしい作品になりました。

東京農業大学付属第一高等学校中等部3年

ブロック崩しゲーム

栄東中学校2年

アクションゲーム

洗足学園高等学校2年

2Dアニメーション

次回は、冬休みに開催しますので、期待してお待ちください

連日開催しているプログラミングキャンプ。8月に入って最初の8/2~3の2日間の回も開講しました。
夏休み期間中、7/30,31と合わせて、一番人気の回です。

プログラミング学習の前に必ず実施しているのが、ビジョン研修。
具体的なプログラミングの技術習得以上に、どういった方向性をもって、何のために学ぶのか?はとっても大事です。
コードオブジーニアスのキャンプ

「ちょっと触るだけ」の人と「仕事のためにプログラムを勉強する」という人と「世界一のプログラマーになって世界中の人を幸せにする」という人。いろいろといると思うけれど、一番成長するのは誰だと思う?

具体的な事例を出しながら、アイディアを出し合います。

どんな目標を立てると良い目標なんだろう?

従来はグループでディスカッションしていましたが、感染対策を考えて、チャットなども多用して従来以上にそれぞれの意見を交わしました。

生徒の回答

最高の自分の姿、本来の自分の姿ってどんな自分?

中学生、高校生は無限大の可能性の塊です。今の自分から未来を考えるのではなく、まったく別の視点から、私を定義してみます。今がどうであれば、どう自分がありたいのかを考えていきます。

こんなふうに最高の私の姿を明確にイメージしたら、いよいよプログラミング学習スタートです。

なお、アルコール消毒、換気、サーキュレータ(送風機)2台をフル回転させて、空気の循環をさせながら開催しております。どうぞご安心下さい。

今日より、コードオブジーニアスが主催するプログラミングキャンプが始まりました。
初回のキャンプは東京会場からの開始となりました。

キャンプの様子

1日目は、ビジョン研修、タイピング、プログラミングを実施しました。

最初のビジョン研修では、目標設定について学びました。
みんなで意見を出し合いながら、目標を立てることの意義、どんな目標の立て方をしたらいいかなどをみんなで考えながら学びました。
ビジョン研修
キャンプの様子

その後は、タイピング練習と、プログラミング学習の時間です。

1日目は、Javascriptの文法を学びます。

みんな楽しくプログラミングを学んでいます。

2日目も、ビジョン研修、タイピング、プログラミングを実施しました。
最後は、それぞれのコースごとゲームを完成させることができました!!

ゲーム1
ゲーム2

みんな頑張りました!!
他の日程も、残席が少なくなってきております。早めにお申し込み下さい。

中学生、高校生向けのプログラミング教室「コードオブジーニアス」では、2022年の春休みにもプログラミングキャンプを開催に伴い、プレエントリーを開始しました!

夏休みのキャンプは、東京だけではなく、名古屋や大阪、オンラインでも開催する予定です。これまで参加しにくかった地域の中高生も手軽に参加できます。

プログラミングが初めてという方にも、スムーズに体験できるよう準備してお待ちしております。
また、本格的に始めたい方、本格的なコードオブジーニアスの教材でしっかりと今の時代を生きていけるようお待ちしております。
今年の夏休みはプログラミングキャンプに参加しよう!

プレエントリーに登録すると、プログラミングキャンプの最新情報は特典を受け取ることができます!

プログラミングが近い将来必須になる?
日本では学校教育でプログラミングが始まったばかりですね。しかし、海外では10年以上前から始めている国があります。

そして、今後はプログラミングのスキルを習得することがスタンダードになるということを多くの著名人が言っています。

今回は、プログラミングに対しての著名人の言葉を紹介します。

プログラミングは近い将来「必須」になる?

近い将来、プログラミングを含めたITのスキルが必要になると多くの著名人が言っています。

「コンピューターはあなたの未来の大部分になります。頑張って学べば、あなたの手で未来を創ることができます」

バラク・オバマ氏(元米国大統領)

 

「日本史より、プログラミングを教えるべき。」

三木谷浩史氏(楽天CEO)

 

「やりたいことが一つあって、自分と自分の妹たちが楽しめるものを作りたいと思っていたんです。

始めはすごく小さいプログラムを書いて、そこに少しだけ何かを足して…。

プログラミングはあくまでツール。誰かのために使って、初めて役に立つ」

マーク・ザッカーバーグ(Facebook CEO)

 

「大事なのは思考プロセスを知り考える方法を知ることさ。

米国人は全員プログラミングを学ぶべきだ。 (略) コンピューター科学は私にすれば一般教養さ。

人生の中の1年をかけて皆が学ぶべきだと思うんだ、プログラミングの方法をね。」

スティーブ・ジョブス氏(故アップルCEO)

 

大人になってからでいいのでは?という思いもあるでしょう。

 

私たちは大人向けにITエンジニアの教育を17年続けています。その結果から言うと、ITエンジニアにならなくてもプログラミング教育は早いうちからやっておいたほうが良いです。

 

身につくスピードが子供と大人では異なります。子供のほうが覚えが早いので、早くからプログラミングを学んでいれば、将来、ITスキルに困ることはなくなるでしょう。

中学生、高校生向けのプログラミング教室「コードオブジーニアス」では、長期休みの期間にプログラミングキャンプを開催しています。

 

小学6年生から高校生対象とした、短期間のプログラミング体験イベントです。
普段は部活や塾で忙しくても、休みの期間に集中して取り組むことができるのが、プログラミングキャンプです。

 

今回はプログラミングキャンプに参加した人たちの感想を紹介します。

プログラミングキャンプに参加した人の声

コードオブジーニアスが企画した、プログラミングキャンプに参加した人たちの感想を紹介します。

 

プログラミングは難しいと思っていたけど、 今回のキャンプでその観念がなくなり、 積極的に取り組めました。

最後には、作ったゲームに自分なりの工夫ができてよかったです。
また、この期間でタイピングのスピードが早くなったことがうれしかったです。

次も参加して、自分の考えるゲームやアプリを作ってみたいです。

開成中学校2年生 Oさん

 

プログラミングは難しかったけど、規則性があって楽しかったです。それに、ゲームができた時の達成感が好きです。

次回も参加したいと思います。 次は対戦ゲームを作ってみたい。

また、一緒に参加している人に感謝しています。自分より先に進んでいることを 知って、もっとやりたいという思いで、やり切れたので。

女子学院中学校2年生 Hさん

 

基本の学習やゲーム作成で、 プログラミングの楽しみをもっと理解できたので、続けていきたいと思いました。

プログラミングができることによって 様々な楽しみや理解力をもっと上げることが出来ました。

学んだことを生かして、様々な場面でプログラミングを使いたいと思います。

三輪田学園中学校2年生 Kさん

 

もっとプログラミングを学びたいです。
これからプログラミングはとても大切になっていくと思うし、最終的に自分でアプリを作れるようになりたい。

プログラミングを初めて学べて楽しかった。 説明もすごくわかりやすくて、わからない所を理解できました。

この期間で学んだことを生かしていければよいと思います。

慶応義塾高校 1年生 Mさん

 

プログラミングが難しいと思っていたのは、思い込みだったとか、新しいゲーム制作に挑戦したいなど、参加者から、いろいろな嬉しい感想がありました。

 

コードオブジーニアスが企画するプログラミングキャンプは、プログラミングを学ぶだけではなく、将来必要になる考え方も学びます。スキルだけではなく、マインドを学ぶことで、未来に必要な人材となることができます。

 

プログラミングキャンプに参加する3つのメリットを見る

 

長期休みの期間は、プログラミングキャンプに参加してみては?

2022年の春休みはどのような予定でしょうか?塾に部活に旅行に、やりたいことや新しいことに挑戦したいことなどが色々とあると思います。

新しいことに挑戦したいと思った方は、春休みの期間に開催するプログラミングキャンプに参加してみるのはいかがでしょうか?

春休みだからできること。
プログラミングに挑戦して、自分の可能性を見つけよう。

プログラミングキャンプとは

中学生、高校生向けのプログラミング教室「コードオブジーニアス」では、長期休みの期間にプログラミングキャンプを開催しています。

 

小学6年生から高校生対象とした、短期間のプログラミング体験イベントです。
普段は部活や塾で忙しくても、休みの期間に集中して取り組むことができるのが、プログラミングキャンプです。

 

今回はプログラミングキャンプに参加する3つのメリットを紹介します。

プログラミングキャンプに参加する3つのメリット

忙しい中でもプログラミングキャンプに参加するにはどんなメリットがあるのでしょうか?

参加するメリットには次の3つが挙げられます。

1.プログラミングの楽しさがわかる
2.物事の本質を見抜く力がつく
3.将来のイメージがより明確になる
一つずつ見ていきましょう。

プログラミングの楽しさがわかる

プログラミングのイメージはどのようなものでしょうか?

・パソコンに向かって、キーボードでたくさん文字を入力していて難しそう
・初心者にできるのか不安

こんな声をよく耳にします。
しかし、プログラミングをした子たちの感想を聞くと、みんな同じように「楽しかった!」「もっとやってみたい」ということを言います。

 

普段やらないプログラミングをやったことと、コードを打ち込んでイメージしていた作品を作ることができる楽しさを感じているのでしょう。

 

やってみると、プログラミングは楽しいことがわかります。

物事の本質を見抜く力がつく

プログラミングとは、「欲しい結果を得るためにコンピュータに指示する命令」と考えています。

 

欲しい結果を出すために、どのようなことをすればよいか、どうやってすればよいかと考えて実行するという、仮説を立てて結果を検証するプロセスがあります。

 

物事の本質を見抜く力をつけるためには、仮説を立てて実行する思考力をつけることが必要です。

 

プログラミングは、パソコンに向かってコードを打ち込むこと以上に、仮説を立てて結果を検証することが重要です。

 

そのため、プログラミングをしていくと物事の本質を見抜く力が身につきます。

 

将来のイメージがより明確になる

将来、プログラミングと関係がない仕事をすると考えていても、プログラミングをやってみると、自分の可能性が広がることがあります。

 

当スクールに来ている生徒の中にもプログラミングを学ぶことで、自分のやりたいことがより明確になったという声が多く聞くことができます。

 

プログラミングで自らの可能性を広げることができます。

 

まとめ

今回はプログラミングを学ぶ3つのメリットを紹介しました。

1.プログラミングの楽しさがわかる
2.物事の本質を見抜く力がつく
3.将来のイメージがより明確になる

 

プログラミングはやってみると、楽しいことがわかります。プログラミングキャンプに参加した人たちも、初めはコードを入力するだけで難しかったけど、慣れてくると楽しくなってきた、とか、自分なりにつくったプログラムでゲームが動いたのをみて嬉しかったなどの感想がありました。

 

プログラミングキャンプに参加した人の感想を見る

 

長期休みの期間には、プログラミングキャンプで体験してみてください。

 

中学生、高校生向けのプログラミング教室「コードオブジーニアス」では、2022年の春休みにもプログラミングキャンプを開催します!

2021年は新型コロナウイルス感染症の流行のなかではありましたが、感染対策をしっかりと行うことで多くの中学生、高校生の方にご参加頂きました。
春休みも同様にプログラミングに挑戦できるキャンプを開催することとなりました!

今回は、東京だけではなく、名古屋や大阪、オンラインでも開催します。これまで参加しにくかった地域の中高生も手軽に参加できます。

プログラミングが初めてという方にも、スムーズに体験できるよう準備してお待ちしております。
また、本格的に始めたい方、本格的なコードオブジーニアスの教材でしっかりと今の時代を生きていけるようお待ちしております。
今年の春休みはプログラミングキャンプに参加しよう!

今回はプログラミングキャンプに参加してどのように学習していくのかを紹介していきます。

コードオブジーニアスでは、教室やオンラインで集まって学習する形式ですが、学習の進度は一人ひとり異なります。

どのように学習していくのかを見ていきましょう!

学習方法の流れ

コードオブジーニアスは、オンラインの学習システムを利用して進めていきます。
必要な手順としては、次の通り
1.学習システム「ラプラス」にログイン
2.学習するプログラミング言語とレベルを選択
3.テキストに沿ってコードを入力
4.最後にゲーム制作
このような流れになります。それぞれの進め方を解説していきます。

学習システム「ラプラス」へのログイン

プログラミング学習を始める際、当スクールの独自の学習システム「ラプラス」にログインします。

プログラミングキャンプに参加する方や、コードオブジーニアスに入会した方は、個別のログインIDとパスワードが発行されるので、発行されたログイン情報を使い、ラプラスにログインしてください。

また、ログインする際、Googleアカウントが必要になることがあります。その場合はスタッフから連絡がありますので、お待ち下さい。
上記以外で発行されたログイン情報は使えなくなることがあるので、注意してください。

学習するプログラミング言語の選択

ラプラスへログインすると学習できるテキストの一覧を見ることができます。

これから学習するプログラミング言語を選択して、学習を進めてください。
テキストの学習が終わると別のレベルのテキストに進むことができます。

プログラミングキャンプでは、Javascriptレベル1を学習します。

こちらから、Javascriptレベル1のカリキュラムとテキストを確認することができます。

テキストに沿ってコードを入力

プログラミング学習の仕方は、テキストにあるプログラミングコードをそのまま入力したり、自分で数値を変えたりして学習します。

ただ入力するだけではなく、自分なりに考えて入力することで、記憶に定着していき、実行結果を確認することでプログラミングの理解につながります。

また、なんとなくでもできたということが自信につながるため、このような学習形式にしています。

最後はゲーム制作

プログラミングキャンプでは、最後にゲーム制作を行います。
これまで学習したプログラムを元に、ブロック崩し風のゲームを作成します。


早く進んだ方は、カスタマイズをしてオリジナルのゲーム開発に挑戦できます!


プログラミング学習にゲーム制作がある理由

プログラミング学習には、たびたびゲーム制作が出てきます。

なぜ、ゲームを制作するのか?と疑問に思うかもしれませんね。

ゲームを制作する理由は、将来的にゲームクリエイターになることではなく、つくったプログラムの結果がわかりやすいためです。

特に動きがあるもののほうが、思うように動かなかったり、表示の仕方がずれたりする事があり、さらなる学習につながるため、ゲーム制作をしています。

コードオブジーニアスは、プログラミング+αが学べる

コードオブジーニアスが開催するプログラミングキャンプは、プログラミングだけではなく将来に必要なスキルも合わせて学ぶことができます。

どのようなスキルを学ぶことができるか?というと
目標を設定し達成するスキル
成長するマインドなど

目の前のプログラミング学習だけではなく、将来に必要な能力も合わせて学ぶことができるのは、コードオブジーニアスだけです。

プログラミングの学習

当スクールでは、小学生、中学生、高校生にプログラミング教育を提供しています。

2020年から小学校でのプログラミング教育必修化に伴い、子どもたち向けに多くのプログラミングスクールが乱立しています。保護者の間でも意識の高い方を中心に関心を集めています

また、ニュースでも子どもたちのプログラミング学習の様子が取り上げられることもあります。今に始まったことではないですが、小学生、中学生、高校生のなかから「天才プログラマー」「天才クリエイター」が登場しています。将来の日本の希望的な存在です

プログラミング学習に必要なモノ

学校での必修化に伴って、プログラミングスクールが乱立していますが、学ぶ側には「何が」必要でしょうか?たいていの場合、スクールに行けば、パソコンをレンタルすることが可能であったり、子どもたち向けにわかりやすいカリキュラムが提供されています。

また、プログラミング学習の最初で大きな課題は、「環境構築」です。実行する環境を作り、最初のプログラムを実行することが大きな壁です。しかし、最近のスクールではたいていの場合、ウェブ上にプログラムを実行する環境を整えています。スクラッチだけでなく、テキストプログラミングの実行においても、ウェブ上にカリキュラムと実行環境を備えています。とても簡単に「学び」始めることができます

少し検索してみると、初心者向けの多くのサービスが存在します。それらは、「わかりやすく」「使いやすく」「簡単で」「初心者向けであり」「誰でもまなぶことができる」サービスです。パソコンだけあれば、「その気」になれば、学校に行かなくても、プログラミングスクールに通わなくても自分で学ぶことができます

つまり、必要なモノは「パソコン」と「その気」です

プログラミング学習での「その気」

プログラミングが学校で必修化の流れがあるとはいえ、けっして「MUST」ではないのが、プログラミングです。国語、数学、英語などとは異なり、習得できないと困るようなものではありません。そういったなかで、どうやって「その気」にさせるのかを多くプログラミングスクールが知恵を絞っています。従来の学習塾とは違う楽しさを生み出すために、特に小学生向けのスクールはいろんな方策を模索しています

遊び的な要素

小学生向けのスクールにあるのは、「遊び」的なカリキュラム構成であったり、実際に遊びに近いコンテンツが用意されています

ロボットやゲーム作り

ロボットを動かしたり、スクラッチなどでゲームを作ることで、学校の勉強以上の楽しさを提供することができます。よく言われていることですが、ゲームをプレイするのではなく、ゲームをクリエイトする楽しさを知ることが大切です

褒められる

多くのプログラミングスクールでは、ものすごく「褒めてもらえます」。褒められることで子どもたちがやる気を持って学びに向き合う気持ちを持ちます。プログラミング学習は、画一的な教育とは異なり、ロボットを動かしたり、ゲームを作ることで、「自分らしさ」を発揮しやすいです。そのため、自分の作ったゲームを褒めてもらえることが大きなモチベーションになります

中学生、高校生には

一方で、中学生、高校生はどうでしょうか?

確かに、前述したような内容は中学生、高校生にも当てはまる部分があるでしょう。「遊び感覚」「ゲーム作り」「褒められて楽しい」という側面は中高生にも大切です

しかし、それだけでは、なかなか継続することができません。中学生、高校生には、学校の勉強、塾、部活、受験などの目前の困難な課題があり、それらのほうが最優先であり、将来のためのより差し迫った大きな課題です

そこで、やはり大切なのは、「主体性」であると私たちは考えています

主体性とは

どんな状況においても「自分の意志」や「判断」で責任を持って行動する態度や性質のことです

人は誰でも「自分の反応(行動や思考)を選択する能力」を発揮できます。私たちが、何かの反応(行動や思考)をするとき、それらの反応は、常に「自分が選択」した結果です

例えば、人の発言で不機嫌になること、感謝すること、そのように反応することを自分で選択しています。嫌々勉強するのか、喜んで勉強するのかも、すべては自分の選択です

自らの反応のしかたを主体的にコントロールし、周りの状況に左右されることなく、率先的に状況を改善する行動を起こすこと。それが「主体的である」ということです。「主体的である」人は、状況に応じて自分が何をすべきかを考え、判断し、行動できる人になります

主体的な人の特徴

主体性がある人には、どのような特徴があるのでしょうか。

このような特徴がある人は、主体性がある人だと言えます

現在の社会情勢は誰にとっても決して簡単な状況ではありません。自分の選択だけで何かできることでは多くありません。しかし、周囲の状況に流されず、将来に向かって、自ら選択して行動するようにあってほしいです

中学生、高校生にとって「主体的な姿勢」を持つことこそが「プログラミング」の習得に必要なモノではないかと考えています

何事にとっても大切だと思いますが…。

お気軽にご参加くださいPROGRAMMING CHALLENGE

プログラミング教室への入会を
ご検討中の
中学生・高校生・保護者様へ

コードオブジーニアスでは、プログラミング学習を通した人材育成を意識して行っております。例えば、プログラミングの書き方は千差万別でいろいろな書き方があります。では、どんな書き方でも動けば良いのか?といえば決してそうではありません。他の人が見ても見やすい、処理が早く終えることができる等、良い書き方が存在します。これは武道や茶道といった「道」を極めることと似ているのかもしれません。

今、AI時代が到来しています。何ができるか?よりも、もっと大切なことを若者が大好きな方法で伸ばしてあげるのが大人の役割に感じております。一人ひとりの未来を創り出すのは、あくまで一人ひとりの行動と決断の結果です。未来に向けたチャレンジを私たちはお待ちしております。

ご相談はお気軽にどうぞ

お問い合わせ

お電話はこちら(受付:10時~19時)

050-3138-2090
PAGE
TOP