中学生・高校生向けプログラミング教室「Code of Genius(コードオブジーニアス)」は、8/7~9に、中学、高校生向けの「サマーキャンプ2019」を開催いたしました。
参加者は東京・神奈川・千葉など各地から中学1年生から高校2年生までの20名が参加してくれました。
参加者の8割がパソコンを触ったことがなく、プログラミングも初めて。
当社の現役ITエンジニア3名がメンターとして参加者をサポート。
「自分で作ることができるのかな?」と、期待と不安に包まれた空気の中、プログラミングキャンプがスタートしました。

プログラミングキャンプってどんなイベント?

プログラミングキャンプは、3日間で一人一人がゲームプログラムを開発するイベントです。
今回準備したゲームプログラムは『RPG』ゲーム、『パズル』ゲーム、『クイズ』ゲームの3種類。
プログラミングが初めての生徒には、取り組みやすいRPGゲームをお勧めしました。
そして、プログラミングの経験のある生徒は、少し難しいパズルゲームまたはクイズゲームの開発に挑戦しました。

生徒達がこのキャンプに参加したきっかけは様々です。
親から勧められて参加した生徒もいれば、「プログラミングをしてみたい」と、このプログラミングキャンプを自分で見つけて応募したという生徒もいました。
最初は何をするのかイメージできていなかった生徒達も、ゲームを作るという特別な体験に、目を輝かせて取り組み始めたのが印象的でした。

スケジュールと学習環境

3日間、全員が朝9時集合。
まずはオリエンテーションを行い、プログラム開発タイムに入ります。
12時からは昼食を食べて、食後にアクティビティを行いました。
午後は13時30分から、プログラム開発タイムが始まり、17時に終了です。

さらに、このキャンプは個人個人で作業を進めることができる個別学習スタイルで行いました。1つのテーブルに4人が座り、それぞれが画面に向かいます。
アクティビティや食事以外はプログラム開発タイムに当てられていて、プログラミングに集中することができる環境でした。

取り組みの様子と成果発表会

学習スタイルは個別形式なので、参加者はそれぞれプログラミングをしていきます。
一人で黙々とプログラム開発をする生徒もいましたが、同じテーブルになったメンバーと協力したり、作品を見せあったりして、参加者全体が盛り上がっていました。プログラム開発が楽しくなって、休憩を忘れるほど集中している生徒もいたので、大好評と言っていいイベントでした。
最終日には、それぞれ開発したゲームプログラムを発表する時間があります。一人一人がカスタマイズしたゲームを披露し、「すごい!」「おもしろい!」など、他の人の作品を褒めたり、アイデアをもらったりと、生徒達にとって良い刺激がたくさんあったと感じられる発表会でした。
今回参加した生徒達からは「また参加したい」との希望が多く寄せられました。また、保護者の方々からも「楽しんで参加していた」「プログラム開発に親しみを持てたようで、参加させて良かった」などのお声をいただいております。

まとめ

今回のサマーキャンプ2019は、初めてプログラミングに挑戦する生徒がほとんどでしたが、いきいきと取り組んでいたことが印象的でした。集中して画面に向かう姿は、これからの伸びを予感させるものでした。

次回のプログラミングキャンプは日程が決まり次第、Webサイト上で公開します。
プログラム開発に興味のある皆さんからの応募を、ぜひお待ちしております。

最初のほうは緊張していたけれども様々アクティビティーを通して最終的には仲良くなれて楽しかったです。将来、何らかのプログラミング関係の大会などで会えたら良いなと思っています。

プログラミングを通して成長したと感じたことは、チームのみんなと協力してアクティビティやプログラミングをできるようになったことや自分で考える力がついたと感じたことです。
初めてのテキストプログラミングでわからないことがたくさんありました。色々と学び意味が分かっていると楽しくなり、できなかったことができるようになったことがうれしかったです。

初めてテキストプログラミングをしました。初めは、難しかったけど、徐々にわかってきてゲームを完成させることができ、うれしかったです。まだ時間があったので、完成したゲームに手を加えてオリジナル要素を入れることができました。
また、テーブルに座ったチームのみんなと教えあいながらできたことが良かったです。
とても楽しかったので、またやりたいと思いました。

2019年6月5日、NHK朝のニュース「おはよう日本」番組内で、「プログラミング教育は幼稚園から」といった特集が放送されました。

プログラミング教育は幼稚園から

これは2020年から小学校でのプログラミング教育が必修化されることを一つのきっかけとして幼稚園でもプログラミング教育が広まっているとするもの。当社が展開するプログラミング教室の一つである神奈川県葉山の明照幼稚園が取り上げられ、授業の様子が放映されました。

当社では、このように全国的に関心が高まる幼児向けプログラミング教育について、理事長、園長向けにプログラミング教育セミナーを7月22日に東京で開催します。

すてむくらぶのセミナーの内容を確認する

当社では、幼児向けプログラミング教育パッケージ「すてむくらぶ」、小学生向けプログラミング教育パッケージ「プログラミングキッズ」、中高生向けプログラミング教育パッケージ「Code of Genius(コードオブジーニアス)」を提供しております。すてむくらぶよりお問い合わせ下さい。

読売新聞社に当社パートナーである明照幼稚園で実施する園児向けプログラミング教育の様子が掲載されました。

掲載されたのは読売新聞2019年5月17日朝刊の24面。
神奈川県版のおよそ半ページを割いて「園児もプログラミング ~小学必修化見据え 思考・創造力養う~」と題して大きく掲載されました。
目を輝かせながら、お友だちの作成した画面を覗き込んでいる写真も掲載されています。

取材を受けた神奈川県葉山町の明照幼稚園では、幼稚園正課の授業と学童で当社のプログラミング教育を導入頂いております。
5月9日は正課でのプログラミング授業の第1回目の受講でした。園児たちは、初めて触れるコンピュータに興味津々。
まずはタッチパッドに慣れてもらうための授業内容でした。

同園では、ほぼ毎週木曜日に授業を実施、年間約30回の授業を予定しています。

2月6日付の日経産業新聞で当社のプログラミング教育の取り組みが掲載されました。

掲載された内容のプレスリリースは以下になります。
プログラミング教室「プログラミングキッズ」 幼稚園や保育園などを対象に2020年に全国100カ所での開講を目指す

プログラミングキッズでは、2018年12月26日~28日の3日間にわたり、「プログラミングウィンターキャンプ2018」を開催します。

対象は小学6年生~高校3年生で、パソコン初心者でも参加頂けます。

前回の夏に開催したプログラミングキャンプでは、参加した子どもが時を忘れてプログラム開発に熱中していたのが大変印象的でした。「社会の役に立つシステムをつくりたい」という子どもの夢に一歩近づいたプログラミングキャンプでした。

今回のウィンターキャンプ 2018では、2つのミニゲーム開発コースを開設します。多くの応募が予想されますので、日程を確保していただき募集開始までお待ちください。

ーーーーーーーーーーーーーーー
◆ウィンターキャンプ 2018 概要◆
ーーーーーーーーーーーーーーー

■お申し込み締め切り
2018年12月25日(火)

■開催日程
2018年12月26日(水)~12月28日(金)
※3日間通学する形でのキャンプです
※1日や2日のみの参加の場合は、お問い合わせください

■ミニゲーム作成コース
言語:Python

<レベル1 RPGゲーム>
Python言語の基本的な文法の学習
簡単なRPG風ゲームの作成

<レベル2 パズルゲーム>
Python言語の基本的な文法の再学習
パズルゲームの作成
※レベル1またはレベル2のどちらかのコースを選んでください
※プログラミングが初めての人はレベル1を推奨

■定員
30名
※二つのコースを合わせて

■参加対象
小学6年生~高校3年生
パソコン初心者でも参加可能です

■参加費(税抜)
PC持ち込み 30,000円
PCレンタル 33,000円
※11月中の申込で参加費が3,000円引きになる早割特典あり

■会場
プログラミングキッズ池尻大橋校
東京都目黒区東山3-15-1 出光池尻ビル7F
株式会社ナンバーワンソリューションズ内

最寄り駅 東急田園都市線池尻大橋駅
池尻大橋駅東口よりすぐ
1階にガソリンスタンドのある建物の7階

■集合、解散場所
会場での集合、解散となります
ーーーーーーーーーーーーーーーーー

11月中は早割特典がありますので、お早めにお申し込みください。
プログラミングキッズ ウィンターキャンプ2018 Webサイト