中学生、高校生向けのプログラミング教室「コードオブジーニアス」では、2021年の冬休みにもプログラミングキャンプを開催します!

2021年の夏休みは新型コロナウイルス感染症の流行のなかではありましたが、感染対策をしっかりと行うことで多くの中学生、高校生の方にご参加頂きました。
冬休みも同様にプログラミングに挑戦できるキャンプを開催することとなりました!

今回は、東京だけではなく、名古屋や神奈川でも開催します。これまで参加しにくかった地域の中高生も手軽に参加できます。
また、夏休みにご参加頂いた皆様に、ステップアップできるレベル2の内容も合わせて提供します。

プログラミングが初めてという方にも、スムーズに体験できるよう準備してお待ちしております。
また、本格的に始めたい方、本格的なコードオブジーニアスの教材でしっかりと今の時代を生きていけるようお待ちしております。
今年の冬休みはプログラミングキャンプに参加しよう!

Code of Geniusは7月~8月にかけて、2日間のプログラミングキャンプを15回開催し、全日程で51名の中学生、高校生が参加しました。

今回のプログラミングキャンプは、プログラミングスキルを学ぶだけではなく、ビジョン研修を通して、主体的に生きる、自分らしい生き方も学ぶことができるように企画しました。

プログラミングキャンプ概要

 

1日目はビジョン研修とプログラミングに対する姿勢づくり

ビジョン研修では目標設定の方法を簡単に紹介。普段はあまり考えたことがない内容ではありますが、AIの時代に、高い目標をもって自分の個性を発揮して生きていくことが大事であることを確認。それぞれ自分はどんな分野で社会に貢献していくのか?を考え発表する時間をもちました。

2日目はディスカッションとプログラム作成

前日に引き続き、アイスブレイクの後、ビジョン研修からスタート。主体的に生きることについて意見交換を行いました。多少なりとも一緒に過ごしているため、意見も出しやすい雰囲気の中、様々な意見が飛び交います。
プログラミング学習は午前中まで実施、午後からは制作に取り掛かります。

主体的に生きることを学ぶビジョン研修

コードオブジーニアスのキャンプでは、プログラミングの技術を習得する時間とともに、ビジョン研修の時間を設けています。

内容は大きく3つのことを学びます。

1.主体的に学ぶ
2.目標設定の立て方
3.どう在りたいか

主体的に学ぶことが、「本当の学び」になります。

スポーツで上達するコツを考えると自分で試したことで上達してきたことに気づくことがあります。これは、勉強でもプログラミングでも同様だと考えています。

キャンプの参加者には、テキストに書いてある通りに入力するだけではなく、興味をもって、あれこれ試行錯誤してみることを伝えています。

「たとえプログラムコードが間違っていてもコンピュータが壊れることはないので積極的に自分で色々と試してみて」と。

テキストの内容を打ち込みながら、自分で色々と入力してこうするとエラー、こうすると上手くいくと結果を確認し予測できるようになって、本当の学びになってきています。

集中して学ぶプログラミング

2日間のプログラミングキャンプでは、JavaScriptの基礎を学習し、最後にゲーム制作を行います。

プログラミングを初めてする方は、とっつきにくいと思いつつも進めてみると、だんだんわかってきて、楽しく学ぶことができたり、ゲーム制作では自分なりにカスタマイズしたり、と参加者が成長する姿を見ることができます。

わずか2日間ですが、貴重な体験になっていると実感しています。

自らの成長につながる振り返り

1日毎に振り返りの時間を持つことも重要視しています。やりっぱなしではなく、今日1日何を体験し、どんな気付きがあったのか、次はどんなことに挑戦するのかを言葉にすることが、参加者自身の成長につながると確信しています。

考えていることを文字にすることで、行動が変わった人もいます。良かっただけの体験ではなく、次につながる機会になればと思っています。

参加者の感想

夏休みのプログラミングキャンプに参加した生徒の感想の一部を紹介します。

次回は冬休みに開催

次回のプログラミングキャンプは冬休みに開催します。夏休みの同様に2日間のプログラムです!

コードオブジーニアスのキャンプでは、プログラミングの技術を習得する時間とともに、ビジョン研修の時間を設けています。

 

内容は大きく3つのことを学びます。

 

1.主体的に学ぶ

2.目標設定の立て方

3.どう在りたいか

 

3つのことを解説しながら、なぜビジョン研修が必要なのかについて紹介していきます。

[toc]

主体的に学ぶ

キャンプでは、はじめに勉強&スポーツ&習い事などの過去の経験から、上達するコツは何であったのかを考える時間を持ちます。具体的には様々なことが上がってきますが、まとめると主体的に学ぶことに結論づくようです。

反対に受け身型での体験では、やった気にはなっても自分の力になることはないからです。

 

テキストに書いてある通りに入力するのは作業であって学びにはなりません。

興味をもって、あれこれ試行錯誤してみることが本当の学びになります。

キャンプに参加する皆さんには、「たとえプログラムコードが間違っていてもコンピュータが壊れることはないので積極的に自分で色々と試してみて」と伝えています。

 

テキストの内容を打ち込みながら、自分で色々と入力してこうするとエラー、こうすると上手くいくと結果を確認し予測できるようになって、本当の学びになってきています。

 

目標設定の立て方

2つ目は目標設定のやり方について学びます。目標設定の身近な例としては、現在メジャーリーグで活躍している大谷翔平選手が挙げられます

大谷翔平選手の目標設定の立て方は、次の3つ

 

まず、成したいことを決める

大谷翔平選手は8球団からドラフト1位の指名されることを目標として立てました

 

現在の自分を冷静に見つめ、何が必要かを考える

次に、どうやるではなく、何が必要かを考えていました

運、人間性なども含まれていることに驚きがありますね

 

最後に方法を考える

最後に方法論、どうやって学ぶか身につけるかを考えて実行する

 

目標を立てる時、とかくどうやるんだろう?と考えたりしませんか?

ついつい、方法論から入ってしまいがちですが、ありたい自分の姿を考えるようにしましょう。

どうありたいか

3つ目は「どうありたいか」

本来の自分の姿はどんな姿なのか?こんなふうにしている私でありたい、という姿をいくつも考えるうち、本当の自分の姿に出会えるはずです。

 

ビジョン研修に参加した方の感想

 

2日間のキャンプの期間では、究極的な私の目標を立てることと、それを実現できる私だったら、この2日間をどう過ごすのか?をそれぞれ考える時間をもってビジョンを持つことの重要性を伝えています。

 

プログラミングを学ぶことはどこでもできますが、重要なのはプログラミングを使って何をしたいか、ということです。

 

コードオブジーニアスでは、プログラミングを学ぶだけではなく、何をしたいか、どう在りたいかを含めて学び、世界平和を実現するグローバルリーダーを育成しています。

 

ビジョン研修はプログラミングキャンプで実施しているので、是非体験してみてください。

池尻大橋校で7/24~25にプログラミングキャンプを開催しました。

参加者は中学1年生~高校2年生の6名。

本格的なプログラミングを学びたいという子たちが集まりました。

 

プログラミングキャンプの内容は全日程同じですが、参加した方の感想や作品は毎回異なるものが出てくるので、楽しみです。

 

ここでは、参加した方の感想を紹介します。

 

ビジョン研修で得られたことは?

プログラミングキャンプでは、学習する前にビジョン研修を行っています。

ビジョン研修の詳細はこちらの記事を御覧ください。

 

ビジョン研修で得られたことの感想がコチラです

何となく生きていた自分を見直すきっかけとなった
プログラミングの事だけではなくて、将来を考えるきっかけとなることが得られました。目標の立て方がわかったので良かったです。
プログラミングについて知ることができた。それだけでなく、主体的な行動についてやタイピングのやりやすい方法がわかった
自分から様々なことに取り組むこと

 

自分が成長したと感じたこと

2日間のプログラミングキャンプを通して成長したと感じたことについて、次のような感想がありました。

 

将来自分が目指す分野で、どのようにプログラミングを活かしていきたいか?

8月のプログラミングキャンプはまだ空きあり

プログラミングキャンプは8月まで続きます!まだ空きがある日程があるので、この機会に本格的なプログラミングを学んでみよう!

オンラインで開催する2021年度夏の最初のキャンプが7/10~11に開催されました。
参加者は中2、中1の3名。場所、年齢、経験、個性、志向などそれぞれの生徒が集まりながらも、
一緒にできるのはオンラインならではの良さです。

1日目はビジョン研修とプログラミングに対する姿勢づくり

1日目(7月10日)、最初は一人ひとりの参加動機、自己紹介からスタート。

ワクワクしながら一緒に学ぶメンバー同士を理解します。

 

ビジョン研修では目標設定の方法を簡単に紹介。普段はあまり考えたことがない内容ではありますが、AIの時代に、高い目標をもって自分の個性を発揮して生きていくことが大事であることを確認。それぞれ自分はどんな分野で社会に貢献していくのか?を考え発表する時間をもちました。

 

その後、タイピングについて学習。初回は姿勢についてを説明。e-typingでスコア200を超えることを目標に頑張ることにしました。

 

プログラミング学習の最初はみんな一緒に、自分で作成したプログラミングを実行する方法やJavaScriptを組み込んだHTMLを表示させる方法など、基本的なツールの動きを確認しました。やり方が分かったところで各自のペースでの学習スタートです。

 

随時、課題をこなした後、講師から理解ができているのか確認を行います。自分の言葉で説明できるかどうか、設問の設定を変更してその場で対応できるかどうか等、しっかりと理解し定着しているのかを確認しながら進めていきます。

 

食事を済ませたのち、引き続き午後の学習、最後には、1日目を振り返ってどうだったのかアンケート記載とあわせて発表をしてもらいました。

 

2日目はディスカッションとプログラム作成

2日目(7月11日)、前日に引き続き、アイスブレイクの後、ビジョン研修からスタート。主体的に生きることについて意見交換を行いました。多少なりとも一緒に過ごしているため、意見も出しやすい雰囲気の中、様々な意見が飛び交います。

 

前日のタイピングがうまくいかなかったと、遅くまでタイピング練習をしてスコアを急激に伸ばした生徒も現れました。

 

プログラミング学習は午前中まで実施、午後からは制作に取り掛かります。

 

初めてのプログラミングではあるものの、基本的な繰り返し、条件分岐といった文法を組み合わせ大きなプログラムが成り立っていることを理解することになります。一連のコードを記載するとブロック崩しゲームの完成です。

 

自分で記載しているため、ブロックを増やす、表示を変更するなど、自分なりのカスタマイズも思いのまま。みんなに喜んでもらえる楽しいゲームにするにはどうするべきか?、一生懸命考えながら、自分の創造性を発揮して、いつの間にかクリエィティブな才能が芽生え始めていました。

 

単なる技術スキルの習得に留まらず、失敗を恐れずチャレンジする喜び、学習を通して理解できた喜び、何より自分なりに考え創造する喜び、そんな思いを育みながら、未来に向けて大きな希望をもって羽ばたく機会となったようです。

 

参加者の感想

キャンプの2日間でプログラミンが好きになりました!

将来役立つと思うのでもっとプログラミングができるようになり、もっと上を目指したいです。

千葉県 市川中学校2年生Uくん

 

2日間でプログラミングについていろいろなことを学ぶことができてよかったです。

また、もっとプログラミングができるようになりたいです。

愛知県 北部中学校1年生Mくん

 

オンラインキャンプの2日間はとても面白かったです。

プログラミングが好きなので、もっとできるようになって、いろいろなものを作ってみたいです!

千葉県 鴨川中学校1年生Aくん

 

保護者の感想

終わってから、とても楽しかった!と報告がありました。
午後のはじめのタイピングの時に上手く打てないと、かなりネガティブに考えてしまい、泣いてしまったようです。
終わってからは、先生のアドバイスもあったのか、タイピングが早くできるようになりたいと、ご紹介いただいたタイピングのサイトをやっていました。

本人はきっと継続して学びたいというと思います。

 

やはりプログラミングが好きなんだなと思いました。
午前中はモチベーションが保てなかったようです。
しかしながら、先生のサポートで、想像以上の内容を体験できたことがよかったようです。私たちもびっくりしています。
引き続き、続けたいようですがタイピングにちょっと自信がないようです。
これからも何かしらのご縁がありましたら、よろしくお願いします。
2日間、本当にありがとうございました。

 

8月のプログラミングキャンプはまだ空きあり

プログラミングキャンプは8月まで続きます!まだ空きがある日程があるので、この機会に本格的なプログラミングを学んでみよう!

今回はプログラミングキャンプに参加してどのように学習していくのかを紹介していきます。

コードオブジーニアスでは、教室やオンラインで集まって学習する形式ですが、学習の進め方は一人ひとり異なります。

どのように学習していくのかを見ていきましょう!

[toc]

学習方法の流れ

コードオブジーニアスは、オンラインの学習システムを利用して進めていきます。
必要な手順としては、次の通り

1.学習システム「ラプラス」にログイン
2.学習するプログラミング言語とレベルを選択
3.テキストによってコードを入力
4.最後にゲーム制作

このような流れになります。それぞれの進め方を解説していきます。

 

学習システム「ラプラス」へのログイン

プログラミング学習を始める際、当スクールの独自の学習システム「ラプラス」にログインします。

プログラミングキャンプに参加する方や、コードオブジーニアスに入会した方は、個別のログインIDとパスワードが発行されるので、発行されたログイン情報を使い、ラプラスにログインしてください。

また、ログインする際、Googleアカウントが必要になることがあります。その場合はスタッフから連絡がありますので、お待ち下さい。
上記以外で発行されたログイン情報は使えなくなることがあるので、注意してください。

 

学習するプログラミング言語の選択

ラプラスへログインすると学習できるテキストの一覧を見ることができます。

これから学習するプログラミング言語を選択して、学習を進めてください。
テキストの学習が終わると別のレベルのテキストに進むことができます。

プログラミングキャンプでは、Javascriptレベル1を学習します。

 

こちらから、Javascriptレベル1のカリキュラムとテキストを確認することができます。

テキストの一部を見る

 

テキストに沿ってコードを入力

プログラミング学習の仕方は、テキストにあるプログラミングコードを入力する「写経」での学習になります。

写経とは、テキストにあるコードをそっくりそのまま入力する学習方法です。

 

書き写すだけと思われがちですが、写経はプログラミングの基礎を身につける上で大切なことです。

入力することで、記憶に定着していき、実行結果を確認することでプログラミングの理解に繋がります。

 

また、なんとなくでもできたということが自信につながるため、写経での学習形式にしています。

 

最後はゲームやWebサイト作成

各テキストの最後には、ゲームやWebサイトなどを作成するミッションがあります。

これまで学習したプログラミングコードを使って、挑戦するミッションです。

 

プログラミングキャンプでは、ゲーム制作でブロック崩しのゲームを作成します。

プログラミングキャンプでは、プログラミングの学習を行い、ブロック崩し風のゲームを作成します。

早く進んだ方は、カスタマイズをしてオリジナルのゲーム作成に挑戦できます!

 

プログラミング学習にゲーム作成がある理由

プログラミング学習には、たびたびゲーム制作が出てきます。

なぜ、ゲームを制作するのか?と疑問に思うかもしれませんね。

ゲームを制作する理由は、将来的にゲームクリエイターになることではなく、作成したプログラムの結果がわかりやすいためです。

 

特に動きがあるもののほうが、思うように動かなかったり、表示の仕方がずれたりする事があり、さらなる学習につながるため、ゲーム制作をしています。

 

コードオブジーニアスは、プログラミング+αが学べる

コードオブジーニアスが開催するプログラミングキャンプは、プログラミングだけではなく将来に必要なスキルも合わせて学ぶことができます。

 

どのようなスキルを学ぶことができるか?というと

目標を設定し達成するスキル
成長するマインドなど

 

目の前のプログラミング学習だけではなく、将来に必要な能力も合わせて学ぶことができるのは、コードオブジーニアスだけです。

 

プログラミングイベント
【2021年08月01日】

【初心者対象】
中学生、高校生向け
プログラミングイベント
【2021年08月01日】

こイベントでは、3Dのゲームプログラミングに挑戦します。初心者を対象としたイベントです。未経験の方を対象とした【初歩的な3Dミニゲーム】を作成するイベントです
作成する3Dゲームは簡単なアクションRPG風ゲームです。数時間で3Dの基礎を学び、簡単なミニゲームを作成します。一つ一つのプログラミングを組み合わせることで簡単なゲームが出来上がります

イベント概要


ギャラリー

開催場所

池尻大橋本校 東京都目黒区東山3-15-1 出光池尻ビル7F
株式会社ナンバーワンソリューションズ セミナールーム
最寄り駅 東急田園都市線 池尻大橋駅

プログラミングイベント
【2021年07月18日】

【初心者対象】
中学生、高校生向け
プログラミングイベント
【2021年07月18日】

こイベントでは、3Dのゲームプログラミングに挑戦します。初心者を対象としたイベントです。未経験の方を対象とした【初歩的な3Dミニゲーム】を作成するイベントです
作成する3Dゲームは簡単なアクションRPG風ゲームです。数時間で3Dの基礎を学び、簡単なミニゲームを作成します。一つ一つのプログラミングを組み合わせることで簡単なゲームが出来上がります

イベント概要


ギャラリー

開催場所

池尻大橋本校 東京都目黒区東山3-15-1 出光池尻ビル7F
株式会社ナンバーワンソリューションズ セミナールーム
最寄り駅 東急田園都市線 池尻大橋駅

2021年の夏休みはどのような予定でしょうか?塾に部活に旅行に、やりたいことや新しいことに挑戦したいことなどが色々とあると思います。

新しいことに挑戦したいと思った方は、夏休みの期間に開催するプログラミングキャンプに参加してみるのはいかがでしょうか?

夏休みだからできること。
プログラミングに挑戦して、自分の可能性を見つけよう。

夏休みのプログラミングキャンプとは

中学生、高校生向けのプログラミング教室「コードオブジーニアス」では、夏休みの期間にプログラミングキャンプを開催します。

 

小学6年生から高校生対象とした、短期間のプログラミング体験イベントです。
普段は部活や塾で忙しくても、夏休みに集中して取り組むことができるのが、プログラミングキャンプです。

 

プログラミングキャンプでは何をするのか、どのようなメリットがあるのか、参加した人たちの感想などを紹介します。

プログラミングキャンプに参加する3つのメリット

忙しい中、プログラミングキャンプに参加するにはどんなメリットがあるのでしょうか?

参加するメリットには次の3つが挙げられます。

1.プログラミングの楽しさがわかる
2.物事の本質を見抜く力がつくこと
3.将来のイメージがより明確になる
一つずつ見ていきましょう。

1.プログラミングの楽しさがわかる

プログラミングのイメージはどのようなものでしょうか?パソコンに向かってひたすらキーボードで入力するイメージが強いと思います。

 

しかし、プログラミングをした子たちの感想を聞くと、みんな同じように「楽しかった!」「もっとやってみたい」ということを言います。

 

普段やらないプログラミングをやったことと、コードを打ち込んでイメージしていた作品を作ることができる楽しさを感じているのでしょう。

 

やってみると、プログラミングは楽しいことがわかります。

2.物事の本質を見抜く力がつく

プログラミングとは、「欲しい結果を得るためにコンピュータに指示する命令」と考えています。

 

欲しい結果を出すために、どのようなことをすればよいか、どうやってすればよいかと考えて実行するという、仮説を立てて結果を検証するプロセスがあります。

 

物事の本質を見抜く力をつけるためには、仮説を立てて実行する思考力をつけることが必要です。

 

プログラミングは、パソコンに向かってコードを打ち込むこと以上に、仮説を立てて結果を検証することが重要です。

 

そのため、プログラミングをしていくと物事の本質を見抜く力が身につきます。

 

3.将来のイメージがより明確になる

将来、プログラミングと関係がない仕事をすると考えていても、プログラミングをやってみると、自分の可能性が広がることがあります。

 

当スクールに来ている生徒の中にもプログラミングを学ぶことで、自分のやりたいことがより明確になったという声が多く聞くことができます。

 

プログラミングで自らの可能性を広げることができます。

 

プログラミングキャンプの内容

では、夏休みに開催するプログラミングキャンプはどのようなないようなのでしょうか?

今回、企画するのはWebゲーム開発コースです。

 

Webゲーム開発コース

Webゲーム開発コースでは、JavaScriptというテキストプログラミングを使い、ゲームを開発することに挑戦するコースです。

 

プログラミングが初めての方でも参加できるように、テキストに沿ってプログラミングのコードを学習していきます。

 

テキストにあるプログラミングコードを複写して学習するスタイルです。

プログラミング学習自体は個別に行うので、自分のペースで進めることができます。

 

プログラミング学習を一通り終わらせたら、ゲーム開発に挑戦することができます。

 

講師は当スクールの現役のITエンジニアが担当するので、初めての方でもわかりやすくサポートします。

 

プログラミングキャンプに参加した人の声

過去、プログラミングキャンプに参加した人たちの感想を紹介します。

 

プログラミングは難しいと思っていたけど、 今回のキャンプでその観念がなくなり、 積極的に取り組めました。

最後には、作ったゲームに自分なりの工夫ができてよかったです。
また、この期間でタイピングのスピードが早くなったことがうれしかったです。

次も参加して、自分の考えるゲームやアプリを作ってみたいです。

開成中学校2年生 Oさん

 

プログラミングは難しかったけど、規則性があって楽しかったです。それに、ゲームができた時の達成感が好きです。

次回も参加したいと思います。 次は対戦ゲームを作ってみたい。

また、一緒に参加している人に感謝しています。自分より先に進んでいることを 知って、もっとやりたいという思いで、やり切れたので。

女子学院中学校2年生 Hさん

 

基本の学習やゲーム作成で、 プログラミングの楽しみをもっと理解できたので、続けていきたいと思いました。

プログラミングができることによって 様々な楽しみや理解力をもっと上げることが出来ました。

学んだことを生かして、様々な場面でプログラミングを使いたいと思います。

三輪田学園中学校2年生 Kさん

 

もっとプログラミングを学びたいです。
これからプログラミングはとても大切になっていくと思うし、最終的に自分でアプリを作れるようになりたい。

プログラミングを初めて学べて楽しかった。 説明もすごくわかりやすくて、わからない所を理解できました。

この期間で学んだことを生かしていければよいと思います。

慶応義塾高校 1年生 Mさん

プログラミングは近い将来「必須」になる

近い将来、プログラミングを含めたITのスキルが必要になると多くの著名人が言っています。

「コンピューターはあなたの未来の大部分になります。頑張って学べば、あなたの手で未来を創ることができます」

バラク・オバマ氏(元米国大統領)

 

「日本史より、プログラミングを教えるべき

三木谷浩史氏(楽天CEO)

 

「やりたいことが一つあって、自分と自分の妹たちが楽しめるものを作りたいと思っていたんです。

始めはすごく小さいプログラムを書いて、そこに少しだけ何かを足して…。

プログラミングはあくまでツール。誰かのために使って、初めて役に立つ」

マーク・ザッカーバーグ(Facebook CEO)

 

大事なのは思考プロセスを知り考える方法を知ることさ。

米国人は全員プログラミングを学ぶべきだ。 (略) コンピューター科学は私にすれば一般教養さ。

人生の中の1年をかけて皆が学ぶべきだと思うんだ、プログラミングの方法をね。

スティーブ・ジョブス氏(故アップルCEO)

 

大人になってからでいいのでは?という思いもあるでしょう。

 

私たちは大人向けにITエンジニアの教育を17年続けています。その結果から言うと、ITエンジニアにならなくてもプログラミング教育は早いうちからやっておいたほうが良いです。

 

身につくスピードが子供と大人では異なります。子供のほうが覚えが早いので、早くからプログラミングを学んでいれば、将来、ITスキルに困ることはなくなるでしょう。

プログラミングキャンプは7月~8月の間に開催

夏休みのプログラミングキャンプは7月~8月の期間に開催します。日程が複数あるので、自分の予定の合うところに参加することができます。

夏休みに新しいことを挑戦してみたい方は、プログラミングキャンプのページを御覧ください。

 

7/10-11でオンラインプログラミングキャンプが開催

先駆けて、7月10日~11日にオンラインでプログラミングキャンプが開催されました。

プログラミングキャンプで実施した内容、参加者の感想をまとめています。

オンラインのプログラミングキャンプを開催しました

プログラミングイベント
【2021年06月20日】

【初心者対象】
中学生、高校生向け
プログラミングイベント
【2021年06月20日】

こイベントでは、3Dのゲームプログラミングに挑戦します。初心者を対象としたイベントです。未経験の方を対象とした【初歩的な3Dミニゲーム】を作成するイベントです
作成する3Dゲームは簡単なアクションRPG風ゲームです。数時間で3Dの基礎を学び、簡単なミニゲームを作成します。一つ一つのプログラミングを組み合わせることで簡単なゲームが出来上がります

イベント概要


ギャラリー

開催場所

池尻大橋本校 東京都目黒区東山3-15-1 出光池尻ビル7F
株式会社ナンバーワンソリューションズ セミナールーム
最寄り駅 東急田園都市線 池尻大橋駅